violence、以下では略称:DVと記述)とは、「家庭内での暴力や攻撃的行動」(家庭内暴力)という意味の表現である。「domestic」とは「家庭の」という意味である。典型的には、夫婦間やパートナー間の暴力であり、被害者は女性であることが多い。 日本において、DVを防止するための法律としては、DV
35キロバイト (4,810 語) - 2021年9月15日 (水) 22:55


壮絶だな。

1 樽悶 ★ :2021/10/13(水) 08:19:40.76

「スッキリした」。夫を殺害したあと、そう話したという妻。17年にわたって引きこもる夫、自身に迫る体調不良、コロナ鬱──。妻を追い詰めるには十分すぎる理由があった。妻の全裁判を傍聴した作家・北原みのりが見た事件の真実とは──。

 今年3月、夫(83)をノコギリでひき殺した女性(76)が逮捕された。女性は自首した警察で、夫への長年の恨みを語ったという。

※省略

■夫のDVに耐え、2人の子を1人で育てあげた

 女性は1945年に神奈川県茅ヶ崎市で生まれた。男女平等教育を受けた世代だが、就職した会社で女性がずっと働ける時代ではなく、25歳で見合い結婚をした。

 7歳年上の夫との生活は、「一日も心安らかに過ごしたことがない」ものだと、女性は日記に書き残している。給料は夫がパチンコと酒に費し、「お金をください」と女性が頭を下げればわずかをよこすが、飲んでは物を投げ、殴る素振りで脅し、時には実際に殴られた。飲まずとも、「クソババア」「バカか」の罵りを毎日浴びてきた。

 女性は簿記一級の資格をもち、経理を勉強し再就職を望んだが、現実は厳しく、スーパーのパートなどで2人の子を1人で育てあげた。積年の願いだった離婚ができたのは、娘が独立し、夫が定年を迎えた年、53歳だった。

 警察に「退職金をもらえなかったので離婚した」と書かれた調書に、女性は「退職金をもらえなかったけど」と書きなおすよう要求したという。それは重大な違いだったはずだ。罵られない日常を生きるための離婚、53歳で得た自由だ。その人生が地獄に転じたのは、わずか6年後だった。夫が栄養失調で倒れ、介護が必要になったのだ。

 アルコール依存症患者が入所できる介護施設はなかった。入院をすすめられたが、そんな余裕はなく、結局、夫を引き受け再婚した。それは以前とは別の次元の暴力の始まりだった。

 夫は下の世話をしてもらいながらも暴言を吐いたという。あまりの臭さに吐きながらオムツを替えたこともあった。やがて夫は自力で排泄できるまで回復はしたが、今度は、自室に引きこもった。トイレには行くが、歯は磨かず、風呂に入らず、下着を替えず、雨戸の閉じた部屋で1日中テレビをつけゲラゲラと笑い、時に奇声を上げた。そんな生活が17年間続いた。

 女性が日記をつけはじめたのはいつだったのか。証拠として出されたノートの表紙は花柄で、女性の名が書かれていた。そこには女性の叫びが、短い言葉で綴られていた。

《T(夫)のこと、何もかも嫌い。特に声が嫌い》《結婚したこと自分を責める日々》《Tは100才まで生きる。それは困る。50年の憎い》

 救いだったのは娘と3人の孫の存在だった。子育てに関わらず、母に暴言を吐く父は、娘にはいないに等しい存在だっただろう。「(夫が)早く死んでほしいな」と冗談っぽく母が言うのを聞き、少しでも気分転換できるよう買い物によく連れ添った。それも去年以降、コロナ禍で絶えた。

■家にあった包丁を捨てた理由

 法廷での女性は、はっきりと「壊れて」いた。自分の額を叩き、足を床に叩きつけ、うなり声を上げた。検察が事件を語りはじめると「できないよお」と身をよじった。そしてそういう女性を、法廷中がもてあましていた。検察は苛立ち、弁護士に「なんとかしろ」というように迫った。女性の手首は真っ赤に腫れていた。手錠のまま暴れたのだろう。

※省略

 '20年10月、通院した病院で、女性は「肺に影がある」と言われた。“子どもに夫の世話をさせることになる”。夫よりも先に死ぬかもしれない悔しさは、どれほどだったか。そのころ、女性は日記にこう書いている。

《今日Tが死ぬ。Tを殺す》

※省略

 その日、女性は夫の部屋にマスクをして入った。「昼か?」と夫は聞いたという。「いいえ」と女性は答え、夫に馬乗りになった。抵抗され女性も負傷したが、首に思い切り刃をあてるとおとなしくなったが、息を吹き返さないよう、胸の上に乗り続けた。

 帰宅した息子は、馬乗りの母を見たが、「自分の部屋に行きなさい」と命令され自室にこもった。しばらくしてリビングに行くと、鏡台の前に座る母は「スッキリした」と言ったという。それからいつもの“お母さん”の口調で「あなたは施設に行きなさい」と告げた。女性は娘に連絡し、娘が来るのを待った後、自首した。殺されたとき、夫の体重はわずか37キロで、髪は腰まであった。部屋の障子はボロボロに破け、布団の下には吸い殻がたまっていた。(続きはソース)

10/13(水) 5:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20211013-00022155-jprime-soci

★1:2021/10/13(水) 06:10:38.50
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1634073038/




2 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/13(水) 08:20:18.51

これ息子だけじゃなく母親もなんか障害あったんじゃねーの


4 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/13(水) 08:21:36.00

>>2
長年の虐待や介護地獄で壊れたのはあるかもしれない


6 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/13(水) 08:22:06.88

何で、アル中を別れた妻に面倒みさせるかね?


7 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/13(水) 08:22:33.55

これは親ガチャとは異なる


9 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/13(水) 08:23:16.82

これ息子が呼び戻したんだよな
娘もいたんか


12 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/13(水) 08:24:21.13

スッキリしたならよかった…
と思った…

嫌いなやつの介護とかって
無理だし、しなきゃいけないならかなりの苦痛

餓死させてもよかったのでは?


16 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/13(水) 08:25:09.31

嫌いな男だったのに、なんで結婚して交尾したの?


25 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/13(水) 08:26:23.29

>>16
時代


27 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/13(水) 08:26:47.57

>>16
時代的に恋愛結婚じゃなくて見合い結婚なんじゃ
みんな結婚してて未婚の女があり得ない時代


17 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/13(水) 08:25:13.89

恨みで殺すにしてもノコギリでひきころすってやべーな。
シヌマデどれ位時間掛かったんだろ


21 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/13(水) 08:25:48.84

法廷いらだったって、裁判に耐える健康状態じゃないのを引きずり出してんでしょ


22 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/13(水) 08:26:02.93

> 給料は夫がパチンコと酒に費し

この事件の教訓はパチンコは禁止するべきということだな。


23 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/13(水) 08:26:18.52

よくやった
感動した


24 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/13(水) 08:26:23.30

なんで再婚するかな


28 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/13(水) 08:26:49.65

結婚なんてするからお互い不幸なんだよ


30 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/13(水) 08:27:05.29

子供を連れて逃げれば良かったのに
50年耐えて一緒に住む妻にも問題があるだろ


20 ニューノーマルの名無しさん :2021/10/13(水) 08:25:34.94

この父親のような家族が逃げ出すタイプに
安楽死って選択肢があるといいのに